ブランド戦略の基本例と成功のための第一歩

ブランドというのは「質を約束」し、「信頼」を創造するものです。

「選ばれる」ということは、

その時々にある人が欲している要件を満たしてくれる可能性が一番高いという

評価を得るということです。

自分自身、もしくは自分が生産した商品を選んでもらうためには
ブランドを意識した戦略は必要不可欠です。

具体的には

たくさんある人・物の中から選んでもらうためには「特別さ」や「長所」がなければなりません。

また、それが必ず全ての場合によって保証されるという約束があることも重要です。

例えば、

あなたがインターネットで衣料品のオンラインショップを始めたとします。

顧客獲得のため、最初にまずしなければならないことはなんでしょうか?

それはお店のコンセプトを決めるということです。

どのような人を対象として、どのような商品を提供しようとしているのか。

そして、何が”特徴”であるかを決めなければ、膨大な数のネットショップから
あなたのショップが選ぶ消費者はまずいないでしょう。

それは、
星の数ほど存在するネットショップから自分自身が「欲しい」ものを
効率よく探し出すためには消費者はお店選びをしなければならないからです。

ここで消費者が求めているものが

「安く汎用性の高い服」であるのか
「ウィンテージもの」であるのか
「小悪魔ファッション」であるのか

価格帯・系統・その他特徴によって、消費者がブックマークするサイトは異なってきます。

ブックマークされる、要するに顧客を得るためには、
ある特定の人のニーズを満たさなければなりません。

また、ニーズはより多くの人が求めるであろうものに焦点を当てれば良いというものではありません。
幅が広いニーズには、すでに広い市場が存在しているからです。

なので、一般的ではないけれどもマニア・ニッチといわれるような消費者をターゲットにするというのも
重要な戦略の1つとなります。

以上のことを踏まえた上で、

特定の人のニーズにマッチしたコンセプトに対し首尾一貫した販売を徹底し、
消費者からの信頼を守ることが重要です。

どんな消費者でも商品の内容をはじめ、店のサービスを意識的に、そして無意識的に
評価して物選びをしています。

消費者に

「このショップであれば、自分の欲する商品を得ることができる」

と思わせることできれば、

それはショップ側が消費者に対し「質を約束」し「信頼」されている証拠です。

これがブランド戦略の基本であり、そして成功のための第一歩です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です